上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
IMG_0775.jpg

夏だ、海だ、自転車だ? というわけで、
7月21日(日)、三重県の大王崎まで行ってきました。
以前から計画していたものの、仕事や天候の関係で延び延びになり、
気がつくと最高気温35度を越える盛夏となっていました。

少しでも暑さを避けるため、午前3時に出発。

27km 笠置町でいきなりレッドブル補給。
ここから約20km、コンビニがないので、補給食も補充しておく。

IMG_0758.jpg


49km 伊賀上野あたりで空が白みはじめるが夜明け前はそこそこ涼しく、
ジャージの中にタオルを広げて冷えを防ぐ。

70km 往路最高地点、長野峠。休日とあってR163も交通量は少ない。
午前7時前にして登坂の半分を消化(^^)v

IMG_0759.jpg

82km 美里町で右折。R165久居方面へ。
そろそろ朝ごはんの時間だが、店はまだほとんど開いていない。
小森から中勢バイパスへ入る予定だったが、
バイパス沿いには店舗がないと判断。
R165を高茶屋まで東進し、R23を南下する。
しかしこちらにもめぼしい店はなく、
結局コンビニでカップ麺とおにぎりの朝食。

102km 小津町で南勢バイパスへ。
走っていて楽しくもない高規格道路だが、
路肩が広く路面状況もよいので疲労の度合いは少なく感じる。
これがロングライドでは非常に重要だということを復路で思い知る。

133km 二見浦、夫婦岩。ここには正月以外に来たことがないな。

IMG_0761.jpg

141km 鳥羽水族館で子供に土産を買おうとミュージアムショップを探すが、
館内に入らないといけないとのことで断念。
京都水族館も海遊館も館外にオフィシャルショップがあるのに...。

164km 鵜方。ここまで並走してきた近鉄線に別れを告げ、R260へ。
海蝕台地のなだらかなアップダウンが続き、ほどなく大王町波切へと分岐。
漁港の細い道を抜け、土産物屋が並ぶ急坂を駆け上がるとそこは....

174km 志摩半島東南端、大王崎

todai.jpg

見渡す限りの大海原が広がっていました。
幾多の映画の舞台となった白亜の灯台の上に立ち、
断崖下の波音をしばし聞きつつ、これまでの道のりを振り返る。
さすがにこのあたりが日帰り自走の限界か。

時間は午後1時前。まだ行程の半分を消化したに過ぎない。
先を急ごう。

186km 鵜方まで戻って昼食。
漁師町のうまい寿司でも食べればよいものを、牛丼チェーンに転がり込む。
もちろん、松阪牛ではないよ。(^^;;
ここでEdge500を追加充電。先日作製したUSB給電ケーブルの出番だ。

IMG_0777.jpg

221km 高級グルメには縁がないが、スイーツははずせない。
伊勢神宮内宮前のこちらへ。

IMG_0784.jpg

季節限定の赤福氷。抹茶氷を食べ進んでいくと、奥に控えるは赤福餅。
乾いた喉と火照った体に冷たい氷がしみこんで行きます。

IMG_0782.jpg

さて、時間は既に午後4時。今日中に帰宅できるのか?

伊勢からは県道37号で松阪へ。
旧R23でもあるこの道、最短ルートだが路肩が狭く舗装も悪い。
また、信号が多く、交通量も多いと、走りにくいことこの上ない。
強い西日を浴びつつ、ストップアンドゴーの繰り返しでかなり体力を消耗した。

250km 小津町で中勢バイパスへ。
横を走り抜ける車のスピードは速いが、路肩が広く安全だ。
走りやすい高規格道路のありがたさを再認識する。

268km 白山町。足の指が痺れてきたので、閉鎖した店舗の前で休憩。
ダイレクト感重視で薄めのインソールを使ってきたが、
ロングライドにはもう少し厚いほうがいいようだ。
夕暮れが迫ってきたので、クリアレンズのアイウェアに交換。
ライトを点灯させて夜間走行に備える。

282km 青山峠。ようやく復路最高地点だ。
ここまで10km以上の長い上りが続いたが順調にクリア。
日が暮れて涼しくなっていたのが幸いしたか。
トンネル手前では野生の鹿2頭に遭遇。山深いところなんですね。

308km 伊賀上野のコンビニで夕食。
プロツール選手をリスペクトしてパスタを食べる。
午後9時を回ったが、この時間になっても喉の乾きは続き、
この日のドリンク摂取量は最終的に5.7リットルにもなった。

328km 笠置町のコンビニに18時間振りの再訪。
あまりの眠気に缶コーヒーを一気飲み。
そういえば前夜、準備に手間取り2時間しか寝られず終始眠かった。
もう少し睡眠を取っていればよかったと反省。

そして午後11時48分、なんとかその日のうちに帰宅。
走行距離:356.63km
実走行時間:15時間57分
経過時間:20時間51分
いずれも今までのライドの最高記録。

のんびり走ったので足も攣らず、耐えられないほどの痛みもない。
ただくっきりと付いた日焼けの痕だけが真夏のロングライドの証だ。
スポンサーサイト
2013.07.23 Tue l ロードバイク l コメント (11) トラックバック (0) l top
今日も走りに行かずにゴソゴソと工作しました。
Edge500の外部給電ケーブルの自作です。

ライドの軌跡をGPSにより記録できるEdge500は高機能で重宝しますが、
バッテリー容量の関係で約15時間を越えるライドには外部からの給電が必要です。
しかし一般市販のUSB給電ケーブルは、接続した途端Edge500が充電モードに入り、
その時点でライドが終了したとみなされてアクティビティがリセットされてしまいます。
これを防止するには結線を変更したケーブルが必要なのですが、
対策品は2000円弱という結構なお値段。アシモトミテルナ…

そこでパーツを購入して自作することにしました。
困ったときの共立電子。いつもお世話になっております。m(_ _)m

USB mini-Bプラグ(165円)

IMG_8853.jpg

これをUSB-Aプラグの付いたケーブルの一端に半田付けします。
結線は先人たちのサイトを参考に。

IMG_8855.jpg

プラグ内部をエポキシ接着剤で固めて、あっという間に完成。

さて、Edge500に接続。
画面中央部に四角い表示が出ればO.K.

edge1.jpg

給電を開始してもアクティビティはリセットされません。
プラグを抜くと、外部電源が外されたことを示す表示が。

edge2.jpg

これで300kmを超えるライドでも記録可能です(笑)

総費用:265円
2013.07.18 Thu l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
久々の更新です。
といっても自転車にはほとんど乗っておりません。
あまりの暑さに走るモチベーションも下がりっぱなし。
今月の走行距離、17kmです。

今日こそは走りに行くぞと意気込んだもののゲリラ豪雨に出鼻をくじかれた週末、
以前から気になっていたことを実行しました。

IMG_8849.jpg
Before

IMG_8852.jpg
After

左レバーが前ブレーキ、右レバーが後ろブレーキとなるように変更しました。
これでケーブルの取り回しに無理がなくなり、ブレーキの引きが軽くなると言われています。
そもそもフレームもコンポも、現在日本以外で標準とされる「左前」で設計されているので、
すべてにおいて無理がありません。見た目もすっきり?

唯一の懸念はパニックブレーキ時に後ろブレーキをロックさせてしまう恐れがあること。
しかしこれも慣れの問題かと。
クルマでも右ハンドルMT、左ハンドルMT、右ハンドルATと乗り継いできて、
今ならどれでもためらいなく運転できますし、すぐに体が覚えると思います。

少し走ってみましたが、左手でフルブレーキをかけていても
右手でシフト操作が楽にできるのでいい感じです。

咄嗟の動きにも対応できるよう、たくさん走りこまないといけませんね。
2013.07.16 Tue l ロードバイク l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。