上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆様、新年あけましておめでとうございます。

さて、今年の目標ですが...
昨年は走行10,000kmなどという無謀な計画を立てておきながら、
早々に5,000kmへと下方修正し、あげくに4,000km足らずの実走行という
情けない状態でしたので、今年は身の丈に合った目標としたいと思います。
それでは発表します。
今年の目標は

年間走行距離5,000km。

そして、

新しい分野に挑戦する。

今このシーズンが熱いシクロクロスもやってみたいところですが、
実はかねてからチャレンジしようと思っていることがあるのです。
それはまた追々記事の中で。

そういいつつ、お正月休みはダラダラと過ごしてしまい、気がつけば最終日の1月6日。
お節料理で2kg増えた体重を落とすべく、ポタリングに出かけました。
当初、伊勢神宮へ初詣にでもと考えましたが、3週間も自転車に乗っていない
この鈍りきった体と、氷点下であろう夜明け前の気温を前にして、さっさと計画変更。
生駒山地沿いに大阪平野を南下することにしました。

寝屋川からR170大阪外環に入り、和泉市の大野町まで。左折してR480で父鬼町へ。
ここからが本日のメインディッシュ、鍋谷峠ヒルクライムです。
最近、この近辺の方が私の拙いページを見ていただいているそうで、
ご挨拶がてら訪問してみました。
ここは南大阪のヒルクライムの聖地とも呼ばれているとかで、
多くのサイクリストで賑うらしいのですが、この日出会ったのは3人だけ。(だって寒いもの)

父鬼集落の製材所の先、

NEC_0130_20130107211303.jpg

この鍋谷橋を越えたところからスタート。

IMG_0220.jpg

序盤はやや勾配が緩いのでスタートダッシュ...と行きたいところでしたが、
ここまで60km走ってきて、既に足には疲労が蓄積。
すぐにインナーに入れ、低トルク高ケイデンス走行に変更です。
最初の数百mは5%ほどの斜度でしたが、徐々に勾配がキツくなり始め、
時折10%を越えるところも。

延長5.9kmの半分を経過したあたりで脚が攣り始める。
これ以上続けるのは無理と思いつつも、なんとか上って、
木々の切れ間が多くなってきた頃、前方に標識のある切り通しを発見。

IMG_0224.jpg

やっと峠頂上の大阪和歌山県境ゴールに到着です。

IMG_0222.jpg

タイムは36分07秒。
あまりにも不甲斐ない結果ですが、自らの戒めのためにも記しておきます。

午後2時だというのに峠の気温は1度
厳寒の下りでは手がかじかみ、耳も千切れそう。
上りでは気がつきませんでしたが、日陰の路面は凍結していました。

R170まで一気に下りますが、日差しはあるものの気温はやはり低く、
藤井寺あたりまで帰ってきて、なんとか体も温まりました。

次回は近くまで車で行ってからサラ脚で再挑戦したいと思います。

そんなわけで、散々な年明けだったわけですが、
本年もケンターニの日記をよろしくお願いいたします。

走行距離:141km
スポンサーサイト
2013.01.07 Mon l ロードバイク l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。