上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 箱の中身は石ころでも備長炭でもなく、当たり前のように自転車のフレームでした。イギリスは紳士の国って本当なんですね。
30100644_967088299_96small.jpg
 何人かの方にはすでにお話ししていましたが、この度購入したのはこれです。
30100644_967088305_127small.jpg
 ’09 LOOK 595 Pro Team Color

 コンディションは申し分なく、フォークエンドにも傷がないところから、一度も組み付けられることなく店頭に並んでいたようです。「SALE」と書かれた値札がついていました。
30100644_967088292_230small.jpg
 雑誌やネットのインプレ記事からは「究極のカーボンバイク」「現時点で乗っていて最高のロードバイク」などと賞賛の声しか聞こえてきません。多くのメーカーがアジアに生産拠点を移す中、各社ともハイエンドモデルだけは本国で作るという傾向にあります。LOOKは自社でカーボン繊維から織り上げているらしく、妥協のないモノづくりができるのでしょう。「値段が高いこと以外、これといった弱点が見当たらない。」とはうまく言ったものです。今回はこの弱点がなんとかクリアできそうなくらいのディスカウントがなされていたので、ついクリックしてしまいました。

 今日は輸送中の破損等がないことを確認し、ワックスをかけてひとまず終了。この後、インテグラルシートポストやフォークコラムの切断やBBの組み付け等、慎重な作業が待っていますが、その前にパーツの発注をしなければ。

 おフランスの優等生は素人の私を喜ばせてくれるでしょうか?
スポンサーサイト
2011.01.27 Thu l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
 さて、突如沸いたフレーム購入計画。あとさき考えずポチッてしまったので、組み付けるパーツが揃っていません。ハンドル、ステム、サドル、ホイールはCR-1から流用予定。
 コンポはこれを機にカンパに宗旨替えというのも頭をよぎりましたが、シマノ製のホイールを履いている関係で、総取っ替えするのはあまりにコスト高。ひとまずUltegra 6700でいきます。「いつかはデュラ」という中学生時代からの夢はまだまだ叶いそうにありません。

 荷物は関西空港を出発したようです。夜が明ければ配達されることでしょう。
 郵便屋さんよろしくね。
2011.01.26 Wed l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
 トラッキングナンバーを知らせてもらっているので、荷物の場所はある程度把握できる。将来はGPSの位置情報でも利用してリアルタイムにわかるようになるのでしょうか。

 1月18日落札(購入)
 1月19日出荷
 1月20日国際交換支店(コヴェントリー)に到着
 1月21日コヴェントリーを出発
 1月23日大阪着
 1月24日通関手続中

 もうすぐ我が家へ到着するであろう巨大ダンボール箱、この手にするという期待も大きいですが、それに負けないくらいの不安を抱えています。というのも...
 eBayのサイトにアップされていたのはカタログから抜き出したであろう写真と Condition: New という言葉だけ。
 あとはショップのFeedback(評価)が100% Positive であることに賭けました。架空店舗でないことはGoogle Street View で確認済み。
 それでも「箱を開けたら石ころが詰まっていた。」なんてことがないとは言い切れませんが...
 何はともあれ Let it be. いや、Ce qui sera, sera. ですね。
2011.01.25 Tue l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
 サイクルモードはやはり罪なイベントでした。今頃になって新車購入欲がジワジワと沸きあがり、気がつくといくつかのモデルを候補にあげて価格調査までしていました。
 最近は円高のおかげで細々としたパーツや消耗品は海外通販を利用することが多く、たまたまeBayを覗いていたら、憧れのフレームが安く出品されている。アメリカ以外には発送しないと書かれていたので、片言の英語で丁重に「なんとか日本に発送していただけませんか?」と問い合わせるも「No only USA」たった3語で蹴落とされました。
 さらに探してみるもすでに生産終了になっており、新品はほとんど見当たりません。そんななか偶然eBay UKに出品されているのを発見。トライアスロン中心の品揃えの店の不良在庫(?)のようで、日本国内価格の半額相当のプライスタグがついていました。
 それでもまだまだ高価なのですが、これはイギリス国内向けの値段のはず。イギリスのVAT(付加価値税)は輸出向けにはかからないので、「VAT抜きの価格と送料を教えて。」と問い合わせると、約2割引きの価格が提示されました。
 この時点で私の理性は脆くも崩れ去り、リバプール近くの片田舎から極東の黄金の国へそれはやってくることになったのです。
2011.01.24 Mon l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。