上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 9月19・20日は9歳の息子を連れて1泊2日の「親子でビワイチ」。
 自分が初めてビワイチに出かけたのは中学3年の夏。テントを背負って彦根と知内浜で1泊ずつ、都合2泊3日の旅だった。どこをどう通ったかもほとんど憶えていないが、全行程の半分以上が雨中走行で、早く帰りたい一心でペダルを漕いだ苦い思い出だ。
 時は流れて30余年、自転車道の整備と自転車の進化により、ビワイチは関西の自転車乗りが気軽に挑戦するコースとして定着している。淡路島一周、通称アワイチに比べてアップダウンが少ないので、初心者にも人気のコースだ。しかし、二週続けて行くことになるとは...
 19日朝、クルマに2台のバイクを載せて湖西線小野駅の駐車場へ。ここから反時計まわりに走り始める。これには大きな理由があり、常に左側に湖を見ることで、左側からクルマがやってくることがほとんどない。道路の左側端を走る自転車にとって明らかに危険度が減るのだ。またスタート位置を琵琶湖大橋近辺にしたのも、大津の市街地を交通量の少ない早朝に抜けてしまいたいから。今回は子連れなので、徹底的に安全にこだわった。
30100644_619223412_199small.jpg
 琵琶湖大橋を横目に南下し、瀬田の唐橋で方向転換。午前中に南湖を周回。20km/hキープで本日の宿泊地である長浜を目指す。あまりに平坦な道ばかりなので、長命寺からの湖岸道路で軽い上りを楽しむ。木陰の道はなかなか涼しくて快適だ。
30100644_619223269_145small.jpg
 夕刻に長浜着。夕食は鳥喜多の親子丼。鶏肉を卵でとじた上に、生卵を1個プラス。なんとも濃厚なお味。
30100644_619223263_17small.jpg
 翌朝、湖岸道路を北上。木之本で名物「サラダパン」のつるやへ行くが、まだ焼きあがっていないとのこと。
30100644_619223250_121small.jpg
 しかたなく先へ進む。このあたりから自転車道は整備されておらず、車道を走ることに。ビワイチ最大の難所とも言われている賤ヶ岳トンネルを避けて、旧道へ迂回、藤ヶ崎も湖岸方面へ行く。奥琵琶湖パークウェイは今回はパス。息子がもう少し大きくなったらヒルクライム勝負だ。でも、いつまで勝てるだろうか。
30100644_619223420_60small.jpg
 海津大崎から近江今津まで湖岸を走り、高島市街は山側の旧道を。白鬚神社付近は、すぐ脇を通るクルマが危険なのだが、三連休最終日で渋滞していたこともあり、無事に通過。北小松からは湖西線沿いに自転車道が復活。路面がオレンジ色に塗られていて、迷子になることもない。志賀から蓬莱までは今回の行程最後にして最も浜辺に近い一本道。頬に当たる風も先週よりいくらか涼しくなったような気がする。徐々に深まる秋の気配を感じつつデポ地の小野駅へ。総走行距離201km。Ave.18.8km/h。
 2日間の冒険は終わった。琵琶湖をひとまわりして息子も一回り大きくなった...かな。
スポンサーサイト
2010.09.22 Wed l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
 9月11日、明日の日本を背負って立つ若人たちと琵琶湖一周、通称ビワイチしてきました。今回は来週に迫った「ツールドのと400」の練習会を兼ねてのイベントということだったそうですが、練習しておかなきゃいけない方々は来られてませんでした。
 午前6時過ぎにJR大津駅を出発、一旦南下して反時計回りに湖北を目指します。湖岸道路を37~38km/hで疾走。いやぁ速いわ。先頭を引くみさきさん、サイコンの電池切れで速度がわからず走っていたそうですが、体のリズムがこの速度ってこと?
30100644_598705546_91small.jpg
 近江塩津での昼食後、今までビワイチでは避けてきた奥琵琶湖パークウェイへと向かいます。軽々と登っていく蒼さんを追走するみさきさん。キリンくんはちょっとバテ気味かな?私もなんとか追いつこうと必死でペダルを踏みます。最近、近所でヒルクライムの真似事のようなものを続けているせいか、そこそこ脚も回ります。
 蒼さんと死闘を繰り広げたみさきさんがスローダウン。仕方なく私が前へ出ますが、みさきさんから「後は任せた。」との無責...いや、温かい言葉。
30100644_598705623_21small.jpg
 すでに蒼さんははるか彼方でしたので期待に応えることはできませんでしたが、この一言を掛けてもらって、やっとみなさんの仲間になれたような気がしました。
 その後も湖西を快走。午後5時にJR大津駅に戻りました。
204km、実走行7時間16分、Ave.28km/h。
 今回私は皆さんの足手まといにならないことが目標だったので、常に後方でドラフティングの恩恵に与って走らせてもらいました。その段階ですでに迷惑なヤツですが、年齢が皆さんの倍以上なので許してくださいな。
30100644_598705540_176small.jpg
 最高に楽しいビワイチでした。また誘ってくださいね。
2010.09.13 Mon l ロードバイク l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。